Biography

ni-21 - Producer & DJ of HARD DANCE MUSIC | テックダンス/ハードダンスのプロデューサー&DJ

ni-21

(Japanese)

DJ・プロデューサー・オーガナイザー。東京在住。

2000年8月にキャリアをスタート。ジャンルの変遷を経てアップデートを重ねても、なお一貫して持ち続けているスタイルテーマは「HARD」。エレクトロニックミュージックの構成要素のうち最重要とも言えるボトムについては、その硬さ・重さに並々ならぬこだわりがあり、破壊力と疾走感を常に追い求めた結果、ドロップするトラックはさながら重戦車のよう。自身の体格と空間・機材を最大限に活用したアグレッシブなパフォーマンスも相まって、クラウドからは「強い」という評価を集めている。

2010年に楽曲制作を本格化。シーンの先導者 YOJI 氏によるMIXCD「VIBLE03」に、オリジナルトラック「Ravey Days」が採用収録・シングルカットされたのを皮切りとし、以降トラック/リミックスを数多くリリース。「Tech Dance x Hardgroove x Industrial x Hard Acid」のクアッドブリッドスタイルへと進化を遂げた。exbit trax (JP)のコンピレーションに楽曲提供をする他、国内外を問わず多くのオリジナルトラック/リミックスを手がけている。

2016年より「全感覚を解放する」をメインコンセプトに据えたニューパーティー「ENIGMA」を始動。小規模・不定期開催ながら海外からゲストアクトを招聘し、クラブが持つ音響設備を最大限に強化、音以外のコンテンツも拡充するなど、全方面でフルスペック感を追求したパーティーとしてハードダンス・フリークたちから注目を集めている。

(English)

DJ, Producer, Event organizer, living in Tokyo.

In 2000, he started his career as a dj.

Even repeated updates through the transition of the genre, theme of music he has always continues to have consistently the “HARD”. For the most important elements of electronic music is to say bottom part (like kicks and rhythms). He has strong interest to its hardness and weight. As a result of chasing the interest, he always drops speedy and destructive powered tracks.

In 2010, he started full-scale music production. His original track “Ravey Days” has been adopted to “VIBLE03” compiled and mixed by Mr. YOJI (global leader of HARD DANCE MUSIC scene). After that success, he released a number of tracks and remixes.

In early 2016, he launched a brand-new party named “ENIGMA“.

> Click here to download press pack <