11/3ENIGMA開催に向けて(2)

11/3(祝)の開催当日まであと20日となりました、「ENIGMA」第2回開催。

馬刺し、ちゃんと届くかなぁ・・・

ゲストのSplinta・KAMIKAZE両氏について、ご紹介をいたしましょう。

Splinta・KAMIKAZE両氏はともにオーストラリア出身・在住のプロデューサー/DJです。

両氏とも、ここ最近ハードスタイルの楽曲を手がけているため、ハードスタイルがメインジャンルのように認知されていますが・・・。
お二方とも「ハイブリッドスタイル」が持ち味なんです。


まずはSplinta氏についてご紹介。彼は、Hard Dance / Hardstyleのハイブリッドスタイルです。

※Splinta氏がオーナーであるGearbox Digitalのウェブサイトにも「HARD DANCE」と表記がありますね 🙂

たとえば・・・Splinta氏のSoundCloudにアップロードされている、2015年のDefqon.1向けのプロモミックスを聞いてみてください。

「Hard Dance / Hardstyleハイブリッド」な感じ、バシバシ出てますよね。
彼はこれまでに数多くのトラックをリリースしていますので、こちら↓あたりから掘ってみてください。
https://www.trackitdown.net/search/keyword?q=splinta


一方、KAMIKAZE氏は、日本のR135 Tracks主宰のマルチジャンル・プロデューサーRyoji Takahashi氏ともコラボレートトラックをリリースしていますので、ご存じの方も多いかと思います。

別名義でハードコアも手がける彼女ですが、Hard With Styleからリリースされた楽曲が大成功を収めたことで、ハードスタイル・クリエイターとしての知名度はさらにさらに揺るぎないものになりましたね。

両氏がコラボレートした作品も多く世に出ていますが、ここ最近では、”Splinta & KAMIKAZE – The Illest (Gearbox Digital 013)”が大きな反響を呼びました。ダーク&ハードなハードスタイルトラックですね。↓

いかがでしたか。ハードダンス・ミュージックも多種多様にあって興味深いでございましょ?(どういう日本語だよw)
・・・フライヤー紙面には、サイズの都合で両氏のフル・プロフィールを掲載できませんでしたので、せっかくですからこちらに掲載します。


Splinta (Gearbox Digital / AU)

splinta-new-promo_179px

Hardstyleを基軸に多様なスタイルのハードダンスミュージックを手掛ける、オーストラリア・ニューキャッスル出身のプロデューサー/DJ。4年以上の制作活動においてリリースされたトラックはもはや数えるのが至難というほど。Q-Dance、Gearbox、Kiddfectious、Rave Me、PHD、Tranztek、Traffic、United Styles、FE Records・・・ハードダンスミュージックシーンの名だたるレーベルからリリースされてきたことが彼のトラックのクオリティの高さを裏付けている。さらに、A.S.Y.S.、KloneZ、Danny Williamson、Side E-fect、Diablik、VtheKidら、シーンの大物とコラボレーションを続けてきた。

Mysterious Land、Gearbox Weekenderではヘッドライナーを、さらに、Masif Saturdays、Daydreams、HardstyleONLY、Bass Maniacs、Style、Defqon.1を含むQ-Danceのフェス等、多くのイベントでレジデンシーを務めている。

近年では、氏のプロダクションテクニックを惜しみなく公開するAbleton Liveの技術的指導も手がけており、その高度なテクニックの数々に驚嘆の声が絶えない。

11/3 ENIGMAのために初来日を果たすSplinta。来日に向けての意気込みが非常に強く、この日のために制作するトラックも披露したいとのこと。アジア諸地域には来訪することはあっても、日本を訪れることはなかった彼のエクスクルーシブなプレイに注目だ。

https://soundcloud.com/therealsplinta

gearbox


KAMIKAZE (Hard With Style / AU)

cropped-hood-dress_180px

オーストラリアのハードスタイル・トップレディたるKamikaze。昨今オーストラリア縦断ツアーを成功させた彼女は、これまでシドニーのメジャーヴェニューでのレジデンシーをはじめ、オーストラリア国内における多数のフェスやパーティーでヘッドライナーを務めてきた。国内のみに留まらず、ヨーロッパや東南アジアにおいても彼女のレギュラー出演のオファーが絶えることはなく、真に世界を股にかけた躍進を見せている。

制作活動においては、Q-Dance、Gearbox、Hard Dance Nation、Hard With Styleといった、ハードスタイル業界のトップレーベルから楽曲をリリースしてきた。直近の半年では、Kamikaze feat. Losty – “PayUp”、Splinta & Kamikaze – The Illestの2作品はそれぞれチャート1位をマークしている。

Reverse BassからRawstyle、さらにはFreestyleまで、彼女の作品は常に進化を遂げ続けている。

今回は彼女の盟友であるSplintaが11/3 ENIGMAに出演決定したのに合わせ、共に初来日を果たすこととなった。世界のフロアを揺らし続けるハードスタイル業界のアイコンのプレイを思い切り体感していただきたい。

https://soundcloud.com/kamikazemedia


紙媒体のフライヤーも完成しました。掲載画像はプレビュー版です。
よく「紙媒体の意味www」って言われるんですけど・・・
今ではパーティーアナウンスメントはオンラインが主流。だからこそ、やっぱり手元に残る「紙」っていいんですよね。
まさかのアナログ志向ですけれど。
今回も前回と同じデザイナーさんに入ってもらい、前回同様のテイストで仕上げております。
今週末からちらほら配り始めますので、ゲットしてみてください。
髪質に、いや、紙質にこだわってますので!!

20161103_front_preview 20161103_back_preview


11/3 ENIGMA at CUBEにご来場予定の方はお早めに下記リンクからお名前をご登録ください。
http://bit.ly/enigma1103dsfm